2014年介護福祉重大ニュースを振り返って

おみくじを結ぶ
おみくじを結ぶ

さて、もうすぐ2014年が終わろうとしています。
介護福祉に関するニュースをお届けしてきたこのブログですが、
この一年を、ブログの記事から振返ってみます。
2014年介護福祉の重大ニュースです。

1月
 ○ 要支援の認定、認定期間を最長で2年に延長へ。

 ○ 消費税増税に伴う介護報酬改定、単位数決定。介護保険制度で初めての支給限度額引き上げ

 ○ 介護福祉士実務経験者ルートの450時間研修義務化実施を一年延長。

2月
 ○ 自己負担2割法案が閣議決定。50万人のサービス利用自己負担金に影響。

 ○ 大雪の深い爪痕。非常時の想定と準備の必要について。

3月
 ○ 特養待機者52万人。うち、三分の一を占めるのは「除外」対象の要介護1・2。

4月
 ○ 母親を刺殺・放火し逃走。タクシー強奪・警官を殺人未遂。理由は「介護に疲れた」。

 ○ 名古屋認知症徘徊鉄道事故、控訴審判決5割減額。認知症を支える家族の責任と社会の責任。
   

5月
 ○ 介護職員の賃金とサービス残業の実態。

 ○ 介護人材処遇改善、介護職員賃金1万円アップなるか。

 ○ 介護保険法改正へ、強行採決で法案が衆院を通過。

 ○ 窒息事故の予見ができた、訪問介護ヘルパー注意義務怠った社会福祉法人に1564万円の損害賠償。

 ○ 認知症の妻と7年ぶりに再会。館林市による入所経費の請求は?

 ○ 女優菅井きんさん 特別養護老人ホームに入所。

6月
 ○ 本腰を入れ始めた身元不明徘徊認知症高齢者問題。

 ○ 地域医療・介護総合確保推進法が可決。要支援サービス廃止、高所得者の自己負担2割へ。

 ○ ケアマネ特定事業所加算の算定要件が見直しへ。地域ケア会議への参加が算定要件に?

7月
 ○ ケアマネ研修、平成28年度から養成課程変更で研修時間倍増・修了評価実施へ。

 ○ 広島ホスピス・ナーシングホームでの入居者焼死事件、判決は無罪!

 ○ 介護報酬に成果報酬を検討。介護度の改善で事業所の収益が上がる?

 ○ 軽度者特養入所制限、ローカルルール縛りでセーフティネットとしての機能は

8月
 ○ 特養フラワーヒルでの入所者暴行致死事件、懲役8年の判決

 ○ 介護療養病床、廃止の方針を撤回、一転、事実上の存続へ。

 ○ コンビニにケアマネが配置?ローソンによるコンビニの健康ステーション化計画。

 ○ さがみロボット特区で介護ロボットの介護保険適用へ

9月
 ○ 2025年に介護人材の5割を介護福祉士に。

10月
 ○ 介護事業経営実態調査、有効回答率は48%。

 ○ マイナス6%の衝撃!介護報酬改定は大幅減額、介護の人材確保はどうなる?

 ○ 介護サービスは「価格競争」の時代へ?自立支援はどこへ・・・。

 ○ 介護職員初任者研修の資格要件緩和?短時間で取得できる介護の資格創設へ。

 ○ 複合型サービスは看護小規模多機能型居宅介護へ名称変更?

11月
 ○ アドアーズ、茶話本舗の日本介護福祉グループを買収。介護とゲームセンターの関係。

 ○ アルツハイマーは予防する時代へ。世界から認知症がなくなる日へ、一歩前進?

 ○ 通所介護はサービス過剰?支援切り捨て・報酬引き下げ・小規模縮小でどうなるデイサービス。

 ○ 介護食品の愛称は「スマイルケア食」に。

 ○ 要支援の認定更新も認定期間は最大24ヵ月に変更。目的は自治体職員の事務負担の軽減?

 ○ デイサービス送迎に送り出し加算新設?報酬額は?基準はどうなる?

 ○ 福祉用具のみのケアプランは減額?簡素なケアプランとは何か?

12月
 ○ 愛媛県介護老人保険施設なんぐん館で職員による入所者傷害事件。

 ○ オープンセサミの通所介護6事業所が処分、3事業所の指定取り消しへ。

 ○ 介護報酬改定はマイナス3%前後に。介護報酬切り下げ、この道しかない!・・・ってこと

ここ数カ月で介護保険法改正・介護報酬改定のニュースが次々とリリースされ、
中には耳を疑うようなニュースもありましたが、
このブログを読んでいただいている方は、事業所にとっては非常に厳しい改定になることが
おそらくご理解できているものと思います。

来年4月からの介護報酬改定や、自己負担2割への変更など、大きな変化を迎える介護保険。
2015年、みなさまがそれぞれのフィールドでご活躍できることを願っております。

おみくじを結ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です