2011年介護福祉業界重大ニュース。

年間重大ニュースとかって、普通は年末にやるもんでしょうけれど。
認定介護福祉士誕生へ。取得のメリットはどこにある?
審査会を通さず勝手に要介護認定。要介護認定システムへの信頼は?
東北地方太平洋沖地震、高齢者施設の悲鳴。
震災に伴う介護保険上の取り扱いについて
東京都、お泊りデイサービスの独自基準案を公表。
介護サービス情報公表制度が事業所のサービスの質を担保している?
介護老人保健施設サンパレス桃花で無理心中を狙った火災発生?
また出た窃盗ヘルパー。ホームヘルパーの質の問題。
改正介護保険法が成立。2012年に向けて、いまできること。
介護福祉士候補者受け入れ、インドネシア、フィリピンに続き、ベトナムからも。
老健で職員が入所者に熱湯シャワー5分間。「暴れたので押さえ付けた」
通所利用者に劇薬を飲ませ意識障害に。

介護職員が入院中患者を殴る姿がビデオに。


本当にできるの?定期巡回・随時対応サービス。

介護経営実態調査、居宅介護支援以外の全サービス黒字化!
飴玉一粒1000万円。飴玉誤嚥の通所施設の過失を認定。
愛知県の医療法人豊岡会で過去最大、25億円の不正受給。
ケアマネ試験合格率、いよいよ15%時代へ。
介護報酬は1.2%のプラス改定。本当にプラス?
震災や改正介護保険法の制定のニュースなどが多かったと思いますが、
残念なことに信じられないような虐待や不正のニュースも目立ちました。
2012年は新シーズンに突入する介護保険。
プラス改定とは言いながらも、加算重視の方向性は変わらないでしょうし、
勝ち組・負け組の格差は大きく広がることが予想されます。
しっかり情報のアンテナを広げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です