介護職員が入院中患者を殴る姿がビデオに。

20代介護職の女、入所者殴る姿がビデオに

 東京都八王子市上川町の上川病院で今年6月、女性介護職員(20歳代)が、寝たきりの女性入所者(80歳代)の顔を殴って約3週間のケガを負わせたことが8日、分かった。
 病院からの報告を受け、市は立ち入り調査で事実を確認し、都に報告。病院は介護職員を傷害の疑いで八王子署に刑事告発し、解雇した。
 市や病院によると、夜勤に就いていた介護職員は6月12日午前1時10分頃、おむつを交換するため、女性の1人部屋を訪れた際、左手で2回、左頬を殴ったという。翌日午後3時頃、病院の看護師が、女性の左頬が皮下出血しているのを見つけ、上司に報告した。
 女性の部屋は家族の同意のもと、ビデオカメラが設置されており、病院が映像を確認したところ、介護職員が女性をたたく姿が映っていた。介護職員は「記憶にはないが、映っているのは自分。記憶にないことをやったといわれても」と話したという。
 その後、病院は女性の家族に謝罪。同15日に市に通報し、介護職員を同24日付で懲戒解雇した。市は7月に2度立ち入り調査を実施し、虐待があったと判断、8月15日に都に報告した。
 懲戒解雇の通知などによると、介護職員は6月11日夕からの夜勤中、女性を含む入所者3人に、定められた時間におむつの交換をしていなかった。病院では、内規で勤務中の携帯電話の使用を禁じているが、映像には携帯電話を操作しながら、居室に入り、おむつ交換をせず、数分後に室外に出る姿も映っていたという。

立ち入り調査を二度行うまでもなく、映像を見たら虐待ですよね。
信じがたいことですが、
こういったニュースがあることで、
医療・介護への不信感はさらに大きくなっていき、
ビデオ設置なども当然のようにされているような時代が来るんでしょうね。