高齢者・障害者を狙った詐欺・悪徳商法。

高齢者800人から10億円、リフォーム詐欺7人逮捕

 一人暮らしの高齢者を狙って必要のない住宅リフォーム契約をして、工事代金をだまし取ったとして、神奈川県警生活経済課は12日、横浜市旭区の住宅リフォーム会社「三共総建」社長長谷川等容疑者(35)を詐欺と特定商取引法違反の疑いで逮捕した。
 社員ら6人についても同容疑で逮捕。県警は押収した契約書類から、首都圏を中心とした高齢者約800人から総額約10億円をだまし取ったとみて捜査を進める。
 調べによると、長谷川容疑者らは昨年1月から翌2月ごろにかけて、神奈川県内の60~70歳代の一人暮らしの高齢者宅3軒を「家屋を点検します」と訪問。「床下がシロアリに食べられている。このままでは家が倒れる」などと言って、必要のない防蟻(ぼうぎ)剤を散布しただけで約80万円を受け取るなど、3人から計約380万円をだまし取った疑い。

うわ、うちの近所だ、これ。
とりあえず、その場で何でも決めないこと。
そして、調べてみましょう。
「三共総建」ってgoogle検索してみれば、検索ヒット件数は・・・ゼロです。
地域で高齢者を守る、と言いますが、このくらいの簡単な自己防衛ができるようになるといいですけど。
続いて、
手話で勧誘、聴覚障害者2億円被害

 東京、山梨、千葉、埼玉などに住む聴覚障害者が、東京の福祉関連会社社長らから「高い利息を払う」ともちかけられ現金を預けたものの、返金されない事態になっている。社長らは、手話を使って勧誘していたとされ、少なくとも30人が被害を訴え、総額2億円以上にのぼるとみられている。山梨では被害者の会が告訴の準備を進めている。
 勧誘したのは、東京都港区にある福祉・介護機器販売会社の社長や社員。関係者によると、社長らは数年前から、首都圏の聴覚障害者らに「600万円預けたら、月3万円の利息を払う」などと勧誘して金を集めた。ところが、利息分が振り込まれたのは最初の1、2回だけで、その後は催促しても先送りされるケースが多いという。

聴覚障害を持つ方に、手話で勧誘を持ちかける。
たとえば、僕らの感覚で考えてみると、
誰も知っている人がいない外国で、言葉も全然通じないような環境で、
日本語で親しげに語りかけてきたら、なんとなく心を許すようなものじゃないですか。
勧誘や詐欺・悪徳商法は
緊張と緩和をうまく使い分けて、
巧みに懐深くに入り込んできます。
お気をつけて。