介護報酬は1.2%のプラス改定。本当にプラス?

介護福祉ブログコミュニティ

診療報酬0・004%上げ、介護報酬1・2%増

 政府は21日、2012年度予算編成の焦点だった診療報酬改定について、診察や治療にかかる本体部分と薬価部分を合わせた全体で0・004%の引き上げを決めた。
 薬価部分を1・375%引き下げる一方、本体部分を1・379%引き上げ、差し引きでプラスとした。引き上げを強く求めていた厚生労働省や民主党の主張に配慮した形だ。
 藤村官房長官と安住財務相、小宮山厚労相が同日夜、首相官邸で会談、合意した。引き上げは前回10年度改定に続き、2回連続となる。
 会談では、介護事業者に支払われる介護報酬の12年度改定についても1・2%の引き上げとし、引き続き介護従事者の待遇改善に取り組むことを決めた。

プラス改定だ、と素直に喜べないのが今回の介護報酬改定。
1.2%のアップとなりましたが、その1.2%の中には、
今まであった介護職員処遇改善交付金分の上乗せがあるわけですから、
単純にプラスになっているというわけではありません。
地域加算の見直しなどによっては、マイナス改定となる地域も多いと思います。
まだ個別の単位数なども決まっていませんが、
加算重視にする方針は相変わらずなので、事業所ごとに差がつく可能性も大いにあります。
動向に注目していきましょう。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です