メッセージがジャパンケアを完全子会社化。業界再編の波?

介護福祉ブログコミュニティ

2012年度の新介護制度で火がついた!!老人ホーム大手メッセージによる在宅介護のTOB

「これを機に、業界再編が一気に進むのではないか」――。
 多くの介護・福祉業界の関係者らは、口を揃える。
 1月下旬、有料老人ホーム大手のメッセージが、在宅介護大手のジャパンケアサービスグループに対して、TOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社すると発表したのだ。
 ジャパンケアは同意しており、1株345円で買い付け、全株取得を目指す。期限は3月1日までを予定している。
 メッセージの今回のTOBの背景には、2012年度から始まる2つの新しい高齢者向け住宅制度がある。
「サービス付き高齢者向け住宅」と、「24時間定期巡回・随時対応型サービス」だ。

ジャパンケアと言えば、これまで「ハッピー」という事業所名で全国展開してきた
在宅介護では業界大手にあたります。
メッセージは「アミーユ」のブランドで有料老人ホームを数多く展開している
施設介護での業界大手です。
言うなれば、在宅の大手と有料の大手とがくっついたわけです。
今回の介護報酬改定で在宅分野が手厚くされ、
24時間巡回+随時のサービスなども新設されていることから、
メッセージ側としては、
ジャパンケアを買収することで在宅分野を強化し、
もともと展開している有料老人ホームへの囲い込みも視野に入れることもできます。
大手企業は買収などでシェアを伸ばし、中小企業は競争の中で淘汰されていくという流れは
今回の介護報酬改定を機に加速していくかもしれませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です