介護福祉士国家試験終了。東京で4分切り捨て?

介護福祉ブログコミュニティ

介護福祉士試験で監督ミス=時計見誤り4分早く終了

 介護福祉士試験の指定実施機関「社会福祉振興・試験センター」は27日、東京都内の会場のうち、48人が受験した教室で予定より4分早く試験を打ち切ったケースがあったと発表した。受験生の指摘で明らかになった。
 同センターの丹羽紀明常務理事は「厚生労働省と相談して、具体的対応を決めていきたい」と説明。通常通り採点した上で、不合格者については別途対応を検討し連絡する。

受験者の皆様、お疲れ様でした。
もう解答速報が各サイトで掲載されていると思いますので、
答え合わせをしている方も多いかと思います。
詳しくは介護福祉国家試験ナビを参照してください。
東京の試験会場で、4分早く終了してしまったところがあったそうです。
4分、貴重ですよね。
問題数が多いだけに、終わらなかった人も中にはいたかもしれません。
この4分のために再試験があるのかどうか。
自分も昨年は東京で受験していたので、そういった事態に巻き込まれていた可能性もあるわけですね。。。
気になるところですが。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です