介護予防にはアグネス体操・・・?なんて。

介護福祉ブログコミュニティ

米子市が介護予防にニュー体操

 十八日は敬老の日。米子市は、お年寄り向けのオリジナル体操「よなGO!GO!体操」を考案、七月から市内各地で講習会を開き、普及を図っている。水前寺清子さんの大ヒット曲「365歩のマーチ」に乗り、ストレッチなどをする軽快な体操で、高齢者に親しまれそうだ。
 介護予防事業の一環として始めた。市長寿社会課の作業療法士や理学療法士が、高齢者の健康維持に役立ててもらおうと、家庭で一人でできる体操に着目。手足のストレッチや歩く動作を盛り込み、立った状態や床に座るものなど三種類ある。

介護予防を意識した体操プログラムが全国的に普及していくといいですね。
運動する側での、できることとできないことに差が大きく、
誰でも参加できて、誰にでも効果を発揮し、長続きできる体操プログラムって、難しいですよね。

こちらは、先週最終回を迎えたマイボスマイヒーローのアグネス体操。これも。
NHK体操のひろみちお兄さんが考案したということもあり、
かなり全身運動になりますね。
動きが激しいので、これは介護予防には不向きかな・・・?

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です