グループホームすこやかでの暴行殺人事件。裁判員はどう見るのか?

介護福祉ブログコミュニティ

傷害致死罪で介護士起訴

 介護施設の入所者に暴行し、死亡させたとして、福島地検郡山支部は12日、喜多方市松山町の「グループホームすこやか」の介護士丹藤雅志容疑者(40)(会津若松市天神町)を傷害致死罪で福島地裁郡山支部に起訴した。裁判員裁判の対象になる。
 起訴状などによると、丹藤容疑者は7月29日夜、喜多方市山都町広野、無職清野敬一さん(69)の居室で、清野さんの腹をけったり殴ったり、首を手や腕で圧迫したりする暴行を加え、腸間膜破裂と窒息により死亡させた、とされる。
 福島地検によると、丹藤容疑者は調べに対し、清野さんに何らかの行為をしたことは認めているものの、「死亡したこととは関係ない」との趣旨の主張をしているという。福島地検は、〈1〉事件当時、丹藤容疑者以外が居室に入り、清野さんに暴行を加えることは不可能〈2〉遺体の状況から、介護行為でできるような負傷とは考えられない――として起訴を決めた。
 施設を運営する社会福祉法人「天心会」によると、丹藤容疑者は、これまでの同会の調査に「殴ったりはしていない」と話していたという。

グループホームでの職員による利用者への暴行殺人事件とみられる事件ですが、
起訴となり、裁判員による裁判が行われます。
今回の事件では、容疑者は暴行で殺害したということに関しての供述を明言せず、
腹部マッサージによる圧迫だと主張しています。
裁判員がこの事件をどう見るか。
それは、私たち介護に携わる人間がどう見られているかという意味でも
大切なことだと思います。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です