劇場版「任侠ヘルパー」11月公開。草なぎ剛演じる元極道彦一再び。

介護福祉ブログコミュニティ

草なぎ50人と乱闘「任侠ヘルパー」映画化

SMAP草なぎ剛(37)が09年に主演したフジテレビ系連続ドラマ「任侠ヘルパー」が映画化されることが8日、分かった。極道に身を置く主人公が、研修で老人介護施設のヘルパーとして働くことになり、悪戦苦闘する姿を描いたコメディーとして人気を呼んだ。ドラマは、極道から身を引き旅に出るシーンで幕を閉じた。映画はその続編で、主人公の元極道が堅気として生きる難しさに悩みながらも、任侠(にんきょう)の心意気を胸に、新たな介護施設で奮闘する姿を描く。
 連続ドラマは、ドラマ低迷期といわれた中、平均視聴率15%、最高視聴率17・8%の好成績を収めた。昨年には特別ドラマが放送され、その後も「ぜひ続きを見たい」という視聴者からの声が寄せられていた。こうした後押しに応える形で映画化が決まった。
 牧野正プロデューサーは「テレビでは描ききれなかった介護問題をより深く、草なぎさんのアクションもより激しく、スケールアップして描きたい」と話す。
 主軸となる人間ドラマは変わらないが、後半は激しいアクションシーンの連続となる。ドラマ版では、草なぎが4、5人を相手にする立ち回りはあったが、映画では大幅にスケールアップさせ、50人を相手にした大立ち回りを繰り広げる。
 草なぎはSMAPの中でも運動神経は抜群。ダンスやアクロバットはもちろん、水泳、剣道、陸上などスポーツ万能で知られている。最近も公の場で連続バック転を披露しており、日常的にトレーニングを積んでいるようだ。これまで柔和で物静かな役柄が印象的だったが、大立ち回りは強烈な印象を残しそうだ。
 草なぎは映画化について「好きな役なので、うれしかった」と言い、「後半はアクションシーンの連続。思い切り暴れたので、どんなシーンになっているのか楽しみ」と完成を待ち望んでいる。ドラマ版演出の西谷弘氏がメガホンを取り、現在撮影中。11月公開予定。
 ◆映画「任侠ヘルパー」 堅気として生きる彦一(草なぎ)はコンビニ店員をしていた。ある日、強盗を取り押さえた後、老人と分かるとレジから金をつかみ出して渡して逃がした。その金は「後で返す」とコンビニ経営者に言ったが信じてもらえず逮捕される。1年後、刑務所でコンビニ強盗をはたらいた老人(堺正章)と再会する。ドラマに続いて黒木メイサは出演するが堺をはじめ、安田成美、夏帆、風間俊介、香川照之ら多彩な顔ぶれが映画版には加わる。

フジテレビ系列で放送されたドラマ「任侠ヘルパー」がスクリーンに帰ってきます。
SMAPの草なぎ剛が極道を演じるというギャップに注目が集まりましたが、
ドラマの中では介護という問題を、突っ込みどころは多かったものの、
様々な切り口から描いており、大きな反響を集めました。
スペシャルドラマも一度放送されましたが、
今回は映画化ということでまた違ったテーマを描いていくのではないかと思います。
記事を見ると、
コンビニ強盗を働く老人という設定もあり、
行き場のない高齢者の孤独などを描いていくのでしょうか。
黒木メイサは妊娠が発表されたようですが、撮影は大丈夫なんでしょうか。
個人的には、仲里依紗がいないのが残念。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です