障害者専用マンションでの火災。障害者の自立を支える安全。

介護福祉ブログコミュニティ

「火事です。障害者なので動けない」 通報女性 室内で焼死 別府市

 21日午後2時すぎ、大分県別府市千代町の障害者専用マンション6階に住む特定非営利活動法人(NPO法人)「自立生活センターおおいた」職員五十嵐えりさん(25)から、「火事です。障害者なので動けない。布団が燃えています」と119番通報があった。
 駆け付けた消防署員が五十嵐さんを救出したが、下半身に重いやけどを負っており間もなく亡くなった。
 別府署の調べでは、死因は焼死。五十嵐さんが倒れていた介護用電動ベッドや周辺の床など、約4平方メートルが燃えていた。室内には電熱式の暖房器具などがあり、火災との関連を調べている。
 関係者によると、五十嵐さんは1人暮らしで、数年前に交通事故で脊髄(せきずい)を損傷して以来、寝たきりの状態だった。同日はヘルパーの女性が五十嵐さん宅を訪れて身の回りの世話をしていたが、出火当時は買い物に出掛けて不在だった。
 NPO法人はこのマンションの1階にあり、五十嵐さんは在宅でパソコンを使いながら、障害者の自立を支援する活動を続けていた。マンションは段差などがないバリアフリー設計で、ガスは使わずにオール電化の設備になっているという。

障害を持った人の自立生活を支えるためには、
その安全面の配慮が重要になってくると思います。
土曜日ということもあって法人事務局には誰もいなかったのでしょうか、
けれど、このような大惨事となる前に、どうにかならなかったものでしょうか。
動けずに、ただ炎が迫ってくるのをただただ見ているしかできなかった故人が、
どんな心境だったかと考えると想像に耐えません。

介護福祉ブログコミュニティ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です