介護福祉士法改正へのカウントダウン?実務経験者への高すぎる壁。

介護福祉ブログコミュニティ

介護福祉士法の改正案が来週にも参議院で採決され、通ってしまうかもしれないという局面を迎えました。
以前からもお伝えしているとおり
介護福祉士になるための受験資格は現行制度上の実務経験3年から、
実務経験3年に加えて600時間以上の講習受講に変更されます。
この600時間の講習を期間にするとおよそ半年。
さらに、受講費用にすると50~60万円になるんだそうです。
ただでさえ人不足の介護の現場で、
介護福祉士取得のために半年間も現場を抜けることを許可する職場がどれほどあるものでしょうか。
一度退職をしなければ受講できないというところも少なくないのではないでしょうか。
さらに、その受講費用は、特に非常勤・パートタイムで介護の仕事をしている人にとっては、大きな負担になります。
ということは、事実上、実務経験から働きながら介護福祉士資格を取得するというコースは、
ほぼ絶望的なものになります。
法治国家日本。こんな無茶苦茶な法律を通してしまっていいんでしょうか。
そして、どこからか降って沸いてきた「准介護福祉士」制度
この資格(?救済措置)に関しては、AllAboutJapanでの投票テーマにもなっていますが
現在、賛成5%、反対95%。
フィリピン人等の外国人介護職のためにあわててとってつけられた救済措置なのですから、
わざわざ資格にする必要性も何もない気がするんですけどね。
まぁ、現状で考えたらこの日本で介護福祉士になろうという外国人もほとんど見込めないというのが現実なのですが。
この国は介護の未来をいったいどう考えているのでしょうか。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • この度の法改正は本当にどうなってんのって言いたいです
    今回の法改正で介護福祉士の資格が将来的にやっと名称独占資格から業務独占資格になると期待してました
    なのにこの准介護福祉士って言う制度はその僅かな夢を国は打ち砕きました。。。
    この制度には日本介護福祉士会も要望書を厚労大臣に送っています
    でもこの団体にどれほどの力が有るかは微妙です・・・
    介護福祉士は弁護士など同じように士の名前の付く士業で有り
    であれば介護福祉士は介護福祉の専門家の資格のはず
    なのに低賃金で社会的地位も低い
    まあ・・・このままこの改正が実施されれば
    介護福祉士の地位は最悪になってしまわないかと
    心配してます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です