鼻を指で塞ぐなど暴行・動画撮影、施設職員三人逮捕。

介護福祉ブログコミュニティ

暴行容疑:名古屋の介護施設3職員逮捕 スマホで動画撮影

 介護施設の入居者に暴行を加えたとして、愛知県警守山署は31日、名古屋市名東区大針3の介護施設「ケアホームひまわり」の職員の男3人を暴行容疑で逮捕したと発表した。職員はスマートフォンで、暴行の様子を動画に撮影していたという。

 逮捕されたのは同区香南1、横井一樹(36)▽同区社が丘4、鈴木啓太(26)▽同市南区元塩町5、物部拓史(29)−−の3容疑者。

 容疑は2月21日午後7時55分ごろ、同施設で入居者の女性(93)の口に指を差し込み、鼻を指で塞ぐなどの暴行を加えたとしている。女性にけがはなかった。横井、鈴木両容疑者は容疑を認め、物部容疑者は「僕はいなかったと思う」と容疑を否認しているという。

 同署によると、別の事件の捜査で横井容疑者を調べていたところ、スマートフォンから入居者に暴行を加えている様子を映した動画が見つかった。

 介護施設を運営する会社の女性社長(61)は取材に対し「私たちの教育が行き届いていなかった。申し訳ない」と謝罪した。

この横井容疑者、別の事件で調査を受けていたということですが、どうやらストーカーの容疑のようですね。
介護職員としてのモラル以前に、社会人としてのモラルが備わっていたのかどうか。

暴行を行うだけでなく、それを動画撮影するという行為に関して、
運営会社の社長が教育が行き届いていなかった、と発言をしていましたが、それ以前の問題ではないでしょうか。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です