福祉コンビニ対決、ファミマとローソン

介護福祉ブログコミュニティ

日本介護新聞ブログさんで紹介しているふたつのニュースをご覧ください。

ファミリーマート 店長ら介護資格を取得へ 福祉サービス拠点に(産経新聞)

 コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートは7日、社員や店長に介護関連の資格を取得させ、店舗を福祉サービス拠点として活用する構想を明らかにした。手始めに商品の宅配制度を導入。将来的には、配達先のお年寄りらの安否確認や世話をする“福祉コンビニ”の実現を目指す。

ローソン、高齢者向けコンビニを1500店に(日刊スポーツ)

  2007年3月から1年間で、全国に約8400店ある既存のローソン店の約2割を「ローソンプラス」に置き換える。高齢化が進んでいる郊外立地店を中心に改装し、お年寄りが気軽に利用できる地域密着型のコンビニを目指す。

いまやコンビニは流通業を超えて、サービス業としての地位も確立しています。
地域の高齢者にとっても、大きな役割を果たしています。
そこで、コンビニというひとつの拠点を通して、
地域におけるさまざまな社会資源やサービスに結び付けていけるか、
スタッフの質がひとつの鍵になりそうですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • コンビニが飽和状態になり、新しい顧客をターゲットに考えた結果の自然な流れでしょうね。ちょうど会社リリースが時期的に重なったため、際だってそれが感じられます。
    今さら言うのもわざとらしいのですが、僕は前から24時間動いている福祉施設と、24時間経営しているコンビニが併設されると地域密着型の福祉拠点としておもしろいかもと思っていました。地理的条件や法規制など、現実には難しいのですけど。
    ただスタッフの質という点で、今のコンビニのアルバイト店員では、高齢者を相手とする福祉コンビニのサービスはできないでしょうね。そのあたりの人材コストも今後のサービス展開の鍵になるような気がします。

  • ファミリーマートでは店長クラスに介護福祉士の資格取得を勧めているようですが、
    それにかかる費用や受講時間はどうするんでしょうね。
    無気力な若者労働の典型とされてしまっているコンビニバイト。
    自分もコンビニバイト経験者ですが、
    彼ら世代が社会に目を向け、世代間交流を行うだけでも意味がありそうな気がしますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です