介護報酬の不正請求、コムスンの謝罪文。出した相手は・・・。

コムスン

「立ち入り検査」報道、コムスンが読売新聞社への謝罪公表

 グッドウィル・グループ(GWG)の訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)が都内で運営していた訪問介護事業所3か所で都の指定を不正取得したり、介護報酬を水増し請求したりしたなどとして、東京都から業務改善勧告を受けた問題に絡み、GWGは23日、コムスンのホームページ(HP)に読売新聞社に謝罪する文書を掲載した。
GWGは昨年12月27日、都がコムスンの訪問介護事業所へ一斉立ち入り検査(監査)したことを報じた同日付の読売新聞朝刊の記事について、「一切事実無根であり、悪意に満ちた事実誤認。介護報酬を過大請求していた疑いがあったわけでは一切ない」などとする見解をコムスンのHPで公表。同社などに対する勧告を都が発表した今月10日まで掲載を続けた。
GWGは23日に出した文書で、立ち入り検査時に出した見解を「当時認識出来た事実関係をもとに作成したが、不適切な表現があったことを率直に認め、読売新聞社に深くお詫(わ)び申し上げます」などと説明した。今後3か月間、謝罪文の公表を続けるとしている。

コムスンが読売新聞への謝罪文を出したようです。
詳しくはこちら。

「2006年12月27日付読売新聞朝刊一面の報道につきまして」との当社見解について(PDF)

新聞報道を事実と認めた、という表現ではなく、
読売新聞社へ対する不適切な表現という意味での謝罪であり、
介護請求の不正等については一切触れられていません。
謝罪にしても、介護報酬の返還にしても、すべて後手後手に回っているというか、
六本木ヒルズの本社は混乱しているのでしょうか。
読売新聞社に対して謝罪をするのはまた別の問題として、
混乱を与えた利用者さんにどう謝罪の思いを込めてサービスを提供していくのかが大事ですよね。

コムスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です