地域に根ざした介護とスポーツクラブ

介護福祉ブログコミュニティ

鹿島アントラーズ、介護予防事業に参入

サッカーJリーグ1部の鹿島アントラーズ・エフ・シー(茨城県鹿嶋市)は、来年4月から介護予防事業に参入する。地域の高齢者が介護を必要とせずに暮らせるように、選手やコーチがストレッチなどの運動や健康法を低価格で指導する。厚生労働省によるとサッカーチームの介護関連事業への参入は初めて。
 市町村が実施する介護予防の地域支援事業の一環として、鹿嶋市がアントラーズに業務を委託。ホームグラウンドであるカシマサッカースタジアムや自治体の公民館などで、ストレッチやウオーキング、体操を主とした「運動プログラム」と、健康法やダイエット、食事指導などの「教養プログラム」を提供する。近く発表する。

介護とプロサッカークラブ。
Jリーグの百年構想を考えれば、
介護もスポーツクラブも地域に根ざした活動という意味でリンクしています。
日本でも有数のトレーナーが集まるJリーグのクラブチーム。
介護予防の面でも、高い効果を発揮することを期待してしまいます。


ってか、
それより先に、小笠原の筋力トレーニングと、
本山の転倒防止トレーニングと、
柳沢のゴール欠乏症防止プログラム(1)(2)
から始めたらどうなんだ。
あと、御大ジーコの認知症予防も。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • このニュース、知りませんでした。だとすれば生半可な事業所やリハ関係者にとっては、脅威ですね。アメリカとかでは、高齢者のフィットネス(いわば介護予防?)は一般的なわけで、スタート後の動向が気になりますね。
    P.S 最後の話はかなりウケます!

  • 地域が誇るJリーグのクラブ、
    本格志向の強い近年の高齢者には非常に魅力的だと思います。
    ちなみに、柳沢の動画の(2)は、
    ヤナギサイクロン(へなぎサイクロン)と呼ばれ、
    いまだに語り継がれるシュートミスです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です