2015年、介護福祉関連重大ニュース

重大ニュース
重大ニュース

いろいろありました、2015年。
介護福祉の分野での重大ニュースを振り返ってみましょう。

 ○ 介護福祉士が老健入所者への暴行で逮捕。防犯カメラに映った映像は・・・。

 ○ 鼻を指で塞ぐなど暴行・動画撮影、施設職員三人逮捕。

 ○ 認知症高齢者と気付かなかった、公園で83歳高齢者死亡。

 ○ 職員による故意の胃ろう抜去十数回、傷害容疑で逮捕へ。

 ○ 頭部から出血の利用者を放置、グループホーム職員逮捕。

 ○ 介護福祉士養成課程が2割減、介護人材の減少と危機感の無さ。

 ○ ロボットスーツHAL、神奈川で100体試験導入。

 ○ ニチイ学館ニチイケアセンター池上で110人分の個人情報紛失。

 ○ 36年前の不倫、よみがえった苦い思い出。夫を暴行・傷害致死させた妻に執行猶予。

 ○ 別の利用者の薬を飲んで女性死亡。特養いずみ熊谷、事故の報告せず。

 ○ 麻雀・カジノ・パチンコ中心のデイサービスの事業所指定を認めない!神戸市が条例案提出へ。

 ○ わずか9カ月で資本関係解消発表!ゲームセンターのアドアーズが介護事業から撤退。

 ○ ミステリー?連続殺人?有料老人ホームSアミーユ川崎幸町で入所者三人が転落死。

 ○ 有料老人ホーム大手が次々に不祥事。仙台のベストライフでも虐待事件。

 ○ 介護離職を避けるため、施設入所待機者を減らす。特養を増やせば介護離職の問題は解決するのか?

 ○ ワタミの介護、損保ジャパンの介護に!売却額は210億円。

 ○ 介護事業所のペーパーワーク半減へ。書類至上主義の脱却へ。

 ○ ワタミの介護、社名変更でSOMPOケアネクストへ。ブランド名は「SOMPOケア」。信頼回復への茨の道。

 ○ 介護福祉士・社会福祉士やケアマネ等の資格試験が年二回開催に?

 ○ ライザップが介護事業に参入!要介護状態改善の結果にコミットする?

 ○ ワタミの介護にメッセージ、損保ジャパンは「ブラック」2強を買収し、業界第2位へ。

 ○ 送迎車が交番に激突。送迎運転手の健康診断と持病の把握はできているか。

様々なニュースをお届けしましたが、ひとつ言えることは介護業界への信頼が揺らいだ一念だったということではないでしょうか。
メッセージのアミーユで起こった連続不審死事件や施設での虐待など、目を覆いたくなるような事件が相次ぎました。

最大のトピックスは介護報酬の改定になるかと思います。
すでに特養や通所では大きな打撃を受けている状況ですが、
介護予防・日常生活支援総合事業の完全実施や小規模通所の地域密着移行など、まだまだ進行形で動いている改正もあり、
第二波、第三波の打撃があることも予測されます。

人材もない、収益も限られている中、
介護というサービスが魅力的で価値の高いものであることを証明していくことが求められています。

2016年が素晴らしい一年になることを願って。

重大ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です