ワタミの介護、社名変更でSOMPOケアネクストへ。ブランド名は「SOMPOケア」。信頼回復への茨の道。

損保ジャパン
損保ジャパン

損保ジャパン、「ワタミの介護」の社名変更-新社名は「SOMPOケアネクスト」

 損害保険大手の「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」(SOMPOホールディングス)は、完全子会社化する、ワタミの介護事業について社名を「SOMPOケアネクスト」に改めることを決めた。

 SOMPOホールディングスでは12月1日付で、ワタミの介護事業を約210億円で買収し、完全子会社とする。それにあわせ買収後の会社の社長には、SOMPOホールディングスの顧問を務める遠藤健顧問が就任。社名も「SOMPOケアネクスト」に変更することを決めた。また、現在は「ワタミの介護」であるブランド名も、社名変更にあわせ「SOMPOケア」に変更する。

 さらにSOMPOホールディングスは、介護事業の取り組みを強化・加速させるため、11月6日に「SOMPOケアネクスト」とは別に、介護事業部を新設した。同部ではグループ全体の介護事業の戦略立案などの活動に取り組む方針という。

とりあえず、SOMPOをどう読むのかわからないという高齢者が続出する予感。
ワタミの介護というブランドをSOMPOケアに変更するということで、
レストヴィラやハッピーデイズなどの施設(サービス)ブランド名も変更することになるんでしょうかね。

買収され、ブランド名が変わっても、ケアの質が変わらない限り、
社会・市場の信頼を得ることはできないでしょう。
まさにいばらの道を踏み出したという印象です。
まずは、ブラック企業としてのイメージが定着してしまった職員の待遇や労働環境を
どう改善していくかという部分も注目してみたいと思います。

損保ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です