麻雀・カジノ・パチンコ中心のデイサービスの事業所指定を認めない!神戸市が条例案提出へ。

デイサービスでの麻雀は禁止?
デイサービスでの麻雀は禁止?

マージャンで介護サービス「NO」 神戸市、事業所不指定可能の条例案提出へ

 神戸市は11日、パチンコやマージャンなどの遊技を主な介護内容とする「アミューズメント型デイサービス」を行う事業所を介護事業所に指定しないようにできる条例改正案を、9月の市議会に提案すると発表した。成立すれば全国初という。

 市によると、マージャンなどの遊技を介護の一部に取り入れる事業所が全国的に増えており、遊技を主な介護サービスとする事業所もある。現行の法令では、このような事業所でも開設申請があれば、自治体は認可せざるを得ないという。

 市にも開設申請が数件あり、今回の対応に踏み切った。規制する内容は、介護の主体が遊技▽射幸心を著しく高める疑似通貨の使用▽賭博を連想させる広告-などを想定。市は今月中にパブリックコメントを実施し、市議会に提案する。

 久元喜造市長は「遊技の介護への取り入れを全て否定するわけではないが、介護保険は大部分が公費と保険料でまかなわれている。過剰で不必要なサービスは自己負担増にもつながりかねない」と話した。

パチンコや麻雀だけに限らず、カジノやゲームセンターなどを目玉にするデイサービスも増えていますが、
こういったデイサービスを規制するという考えのようです。
もちろん、麻雀やカジノといった遊技をデイサービスで行うのには、当然に認知症予防への効果など、主張するエビデンスがあるわけです。
また、疑似通貨を使うことで認知症になった方が苦手になる複雑な計算を行うきっかけになり、
話すことの苦手な男性も麻雀やカジノを通しての会話が刺激になっていくわけです。

では、麻雀と風船バレーなどのレクリレーション活動はどこで線引きをするかと言ったら、
それもなかなか難しいですよね。

今回、神戸市が投げかけたのは、過剰で不必要なサービスかどうか、
介護サービス事業者がしっかり根拠を示していけるかどうかということではないでしょうか。
小規模デイサービスは地域密着型に移行するので、より市町村等介護保険者が規制を行うことも予想されますので、
神戸市だけの話で終わらない可能性は大いにあります。

提供するサービスにマッチしていない利用者がいる可能性もあるということも
考えていかなければいけないかもしれません。
また、麻雀であれば点数計算を機械が行うのか、自分で行うのか、職員がどこまでサポートするのか。
そこまできちんと意識をして支援計画を立案することも大事になりそうです。

デイサービスでの麻雀は禁止?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です