ライザップが介護事業に参入!要介護状態改善の結果にコミットする?

「ライザップ×介護」、高齢者向けサービス参入

 健康コーポレーションは2015年12月3日、子会社でパーソナルトレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)と、介護ロボットの開発などを手掛けるネクスグループが業務提携すると発表した。ネクスグループと協業関係にあり、特別養護老人ホームを運営する善光会の協力を受けて、高齢者向けサービスに関するプロジェクトを始めた。

 善光会は国内最大級という複合福祉施設を運営しており、CYBERDYNEの「ロボットスーツHAL」などの介護ロボットを導入している。ネクスグループとは介護ロボット開発で協力関係にある。

 RIZAPと善光会は今回、高齢者向けの「RIZAP介護プロジェクト」を始動。低糖質フードを介護施設へ提供したり、RIZAPトレーナーによる効果的な介護メソッドを提供したりする。

 ネクスグループでは、システム開発を手掛ける子会社などを通じ、高齢者に対するトレーニングデータの収集・分析をシステム化するという。これにより、サービスの品質向上や、利用者をサポートするアプリケーションの開発を進める。

ライザップと社会福祉法人善光会がタッグを組むという驚きのニュース。
善光会といえば介護ロボットの活用などで注目を集める業界では先進的な取り組みを行うことで脚光を集めてきた法人です。
印象的なTVCMでお茶の間でもお馴染みのライザップとの協力関係で「結果にコミット」することができるのかどうか。

ただ、高齢者にはむしろダイエットよりも低栄養の問題が大きく、
低糖質フードを提供するということですが、糖質制限には慎重にならなければいけません。
ライザップのトレーナーのプログラムについても、
当然高齢者なのでライザップのような高負荷のトレーニングを行うことはできないので、
ライザップのメソッドをどのように活用するのかも注目です。

どちらかというと、
不規則勤務で生活リズムが乱れやすく、
肥満体型で腰痛や膝痛を抱えやすい傾向の強い介護職員を対象にした方がいいんじゃないかなという気もします。