コムスン譲渡先問題、ようやく決着?高級老人ホーム売却。

コムスン

高級老人ホーム、360億円で売却 介護譲渡ほぼ終了

 介護事業から撤退するグッドウィル・グループは21日、高級老人ホーム事業を不動産コンサルティング「ゼクス」(東京都千代田区)に譲渡すると発表した。譲渡額は360億円以上で、サービス移行日は12月1日。撤退に向けた契約はほぼ終了し、訪問介護事業などを含む全体の譲渡額は630億円程度となる。
ゼクスは子会社を通じて有料老人ホームや高齢者向け住宅を全国展開しており、グッドウィルから東京都内の6施設(利用者約340人)と従業員220人を引き継ぐ。

ようやくコムスンが行っていた事業の譲渡先がほぼ決定しました。
高級老人ホームはやはり不動産系の企業が譲渡を受けるという形になりました。
ただ、まだ譲渡問題が解決したわけではありません。
譲渡後も継続してサービスが提供されるのか、
利用者にいかに混乱を与えずに移行できるのか、
まだまだ課題は山積しています。
譲渡を受けた各事業者の動向にも注目していきましょう。

コムスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です