口腔ケアで介護予防。8020運動。

介護福祉ブログコミュニティ

80歳で20本以上自分の歯、2割超に

 80歳で自分の歯を20本以上持つ日本人の割合が初めて2割を超えたことがわかった。厚生労働省が2日発表した。
 国民の歯の実態調査は、6年ごとに実施されている。今回の調査は昨年11月、全国で1歳以上の4608人を対象に行った。
 その結果、20本以上歯を持つ人の割合は、80~84歳で21・1%(前回調査時13%)にのぼり、8ポイントの大幅増となった。75~79歳は27・1%(同17・5%)、70~74歳は42・3%(同31・9%)。40歳以上の全年齢で増えた。
 1日の歯磨きの回数は、2回磨く人が49・4%と、ほぼ半数に達した。3回以上も21%に増えた。
 20本は、入れ歯なしにほとんどの食べ物を食べられる目安となる本数。同省は「8020運動の成果で虫歯と歯周病予防の意識が高まったことと、悪い歯を抜かずに残す保存治療が普及したためでは」と分析している。

80歳以上で、20本以上の歯を持っている人の割合が、
前回調査時が13%で、今回の調査で21%。
大きく跳ね上がっているのは、口腔ケアの重要性が認識されていった結果ですね。
若い世代になるにつれて、
歯を使ってよく噛む習慣が乏しい食生活となってきますので、
僕らもしっかり心がけしていかないといけないですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です