自立生活支援向けベッド型ロボット開発。新しい寝食分離?

介護福祉ブログコミュニティ

パナソニック、要介護者の自立生活支援向けベッド型ロボットを開発

パナソニックは9月18日、ロボット技術を応用し、要介護者が自立生活を送ることをアシストするベッド型ロボット「ロボティックベッド」を開発したことを発表した。
介護用品であるベッドと車いすの機能を併せ持ったロボットであり、利用者の操作でベッドから車いす、車いすからベッドへと変形が可能であり、これまで付き添い介護者による介助などを受けてベッドから車いすへと移乗する負担や、転落による怪我などを軽減することが可能となる。
ベッドおよび車いすの変形に伴うパーツの分離と合体はロボットが自動で実行するほか、車いす状態における運転時は、人や障害物に対する回避誘導が行われる。
また、対話型インタフェース機能を搭載しており、ベッド形状から車いす形状に変形させることが可能なほか、車いすでは、利用者が直感的に使うことが可能なコントローラを用いることで、車いすとベッドの合体指示や、車いすの運転を行うことが可能だ。
さらに、ベッド、車いすともに、それぞれの使用形態に応じ、クッションの形状を変化、利用者に対する最適化を行えるほか、利用者の寝返りをアシストすることで床ずれ防止も実現できる。
加えて、テレビ視聴、ネット家電との連携、セキュリティカメラの確認などが可能な情報インタフェース「ロボティックキャノピー」を搭載している。同インタフェースのディスプレイ部分は、姿勢に応じて位置を変えることが可能である。

個人的な印象としては、ガンダムが分裂してコアファイターが出てくるような。。。
移乗にかかる負担軽減という意味では非常に大きな一歩かと思います。
寂しい気もするけれど、寝食分離が新しい局面に入ってきたのかもしれませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です