グループホーム経営者と入所者が川に流され死亡。

介護福祉ブログコミュニティ
吉野川で流され2人死亡 徳島、助けようとおぼれる

 4日午後4時ごろ、徳島県東みよし町中庄の吉野川で、近くにある認知症患者の介護施設「グループホームいこいの家」に入所中の男性(77)と、この施設を経営する木藤富裕さん(56)=同町=が流された。
 通報で駆けつけた三好署員らが約1時間後、下流で2人を発見。三好市内の病院に運んだが、2人とも間もなく死亡した。死因は水死。
 三好署やみよし広域連合消防本部によると、同日午後、職員と散歩中に男性が川に入ってしまったため、木藤さんが助けようとして、一緒におぼれたという。
 同署が状況を調べるとともに、施設側の安全管理体制に問題がなかったかを捜査している。

が、別の記事では、
入所者ら2人、川に流され心死亡

 調べでは、同日午後3時50分ごろ、男性が施設からいなくなったため、木藤さんや職員が捜していたという。同署が詳しい状況を調べている。現場はJR三加茂駅の約800メートル北。

ん?なんか話が食い違ってないか?
散歩中に川に入ったのか、
それとも、
グループホームから抜け出したのを探しにいったときに見つけて一緒に流されたのか。
どっちが正しいのでしょうね。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です