マスク姿で来日のフィリピン人看護師・介護福祉士候補273名。

フィリピン国旗

比の介護士と看護師273人来日 インドネシアに続き2国目

 経済連携協定(EPA)に基づき、日本で介護福祉士と看護師の資格取得を目指すフィリピン人候補者が10日午後、来日した。外国人看護師候補らの受け入れは、昨年8月に208人が来日したインドネシアに続き2国目。
 フィリピン人候補者第1陣は介護福祉士が180人、看護師が93人の計273人。東京や愛知、大阪、広島の5カ所の研修施設で半年間、日本語や生活習慣を学び、10月以降特別養護老人ホームや病院などで、日本人職員と同水準の給与で働く。
 成田空港で飛行機を降りた一行は硬い表情で、全員が新型インフルエンザ対策のマスク姿。検疫を終えて姿を見せた到着ロビーで、取材陣にはにかみながら「頑張ります」と短く答える女性も。研修施設が用意したバスに次々と乗り込んだ。
 候補者の多くはフィリピンの介護士や看護師の資格を持っており、来日から3-4年以内に日本の国家資格を取得すれば定住も可能。しかし取得できなければ帰国しなければならず、フィリピン側に「条件が厳しく、差別的だ」との反発もある。
 フィリピンからの受け入れは2年間で最大1000人になる予定。

フィリピンからも、看護師・介護福祉士候補が来日しました。
すでにインドネシアからの受け入れは行っているわけで、
その反応を踏まえての受け入れになることから、混乱は少なくなるのではないかと予想しますが。
介護福祉士候補に関しては、母国フィリピンで、
看護師大学か4年制大学を卒業している介護士資格保有者なわけで、
質に関しては期待できるという声も多く聞かれています。
日本の介護職の平均に比べたらはるかにエリート教育を受けているわけですからね。
それにしても、気になったのは、来日したときの写真。
新型インフルエンザの予防ということで全員マスクをしての来日となったわけですが、
日本との文化の違いをいきなり感じさせられたのかもしれないですね。。。