弁護士猿田佐世が解説する国民投票法の問題点

国民投票法案14日成立へ 11日に委員会採決

 参院憲法調査特別委員会(関谷勝嗣委員長)は10日の持ち回り理事会で、憲法改正手続きを定める国民投票法案の締めくくり総括質疑と採決を11日午後の委員会で行うことを決めた。同法案は与党の賛成多数で可決され、14日昼の参院本会議で可決、成立する見通しだ。

ちょっと介護とは無関係な話題かと思いますが、国民投票法案が成立しようとしています。
政治に無関心になっている間に、世界に無関心になっている間に、世の中はどんどん変わっていってしまう。
介護をめぐる環境もここ数年で劇的に変化したものの、
劇的というよりは暴力的な変化に振り回され続けているという印象すらあるわけで。
でも、それを招いているのは結局自分たちなのかもしれないんだけど。
いまいち国民投票法案についてわからない人は、とりあえず、下の動画をご覧ください。

弁護士、猿田佐世が解説する国民投票法の問題点


この人がこんなにゆっくりしゃべっているのをはじめて見た。
自分が学生だったころに会って、とても影響を受けたひとの一人。
がんばってんだなぁ、、、応援してます。