ヘルパー全体の信用を傷つけた。認知症利用者から1億円超の詐欺は懲役7年。

介護福祉ブログコミュニティ

介護84歳から1億詐取 元ヘルパーに懲役7年

 介護していた84歳の女性が認知症だったことにつけ込み、預金約1億円をだまし取ったなどとして、準詐欺と窃盗の罪に問われた岩手県花巻市矢沢、元ホームヘルパー小原さつ子被告(55)の判決が4日、盛岡地裁であった。
 杉山慎治裁判長は「信頼関係を逆手にとった犯行で、ヘルパー全体の信頼を傷つけた」として、懲役7年(求刑・懲役10年)を言い渡した。
 判決によると、小原被告は2004年5月と6月の2回、定期預金を解約させ、小原被告の銀行口座に計約5500万円を振り込ませた。また、同年5~12月、女性のキャッシュカードで現金自動預け払い機(ATM)から計4900万円を引き出した。

事件についての詳細は、以前のブログ記事からどうぞ。
判決は懲役7年。
けれど、1億円を超える悪質な詐欺で、ヘルパー全体の信頼を傷つけた、という判決で懲役7年というのは、
どうなんでしょうね。
もうすでに被害者も故人となっているわけですが、
信頼を裏切られたことをどう思っていたのでしょう。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です