長崎県大村グループホーム火災から2年。遺族との和解と元代表者のいま。

介護福祉ブログコミュニティ

長崎・大村のグループホーム火災:7遺族と和解成立

 06年1月に起きた長崎県大村市の認知症高齢者グループホーム「やすらぎの里」の火災で、7遺族と施設側との示談が昨年12月までにすべて成立した。火災では5人が焼死、2人が一酸化炭素中毒で死亡した。

あれからもう2年です。
当時はグループホームにスプリンクラーの設置を義務付けるべきだといった声が聞かれていたものの、
いつの間にか風化し、何事も無かったかのように日々は過ぎ、
スプリンクラーの設置が広まったというわけでもない。
そんななか、代表者の渕綾美さんは、別のグループホームでケアマネとして、
介護の仕事に携わっています。
大きすぎる責任を背負いながら、この世界から足を踏み出すことをせず、
認知症ケアに携わっているんですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です