多様化する有料老人ホーム。どう選ぶ?

介護福祉ブログコミュニティ

有料老人ホーム 「低価格」急増

 介護保険導入後、急増し、多様化が進む有料老人ホーム。かつては数千万円もする入居一時金が一般的で、庶民には高根の花だったが、低価格化が進み、「ついのすみか」として有力な選択肢になってきた。
 入居金が安いと気軽に入退去でき、特養の待機者にも使い勝手がいい。
 ただし、入居金が数百万円以下のホームは、要介護者を基本に設計されたものが中心。個室が13平方メートル程度の狭い所もある。入居者の大半は特養に入れるほど重度ではないが、独り暮らしや家族介護は困難な人たちだ。健康な人が悠々自適の生活を期待するのは無理がある。また、入居相談などを行う「タムラプランニング&オペレーティング」の田村明孝社長は、「介護の質にバラつきがあり、十分な見極めが必要」と指摘している。

有料老人ホームといえば、富裕層をターゲットをした施設というイメージが強いのですが、
低価格化が進行。
それと相反するように、従来にも増して高級志向の有料老人ホームも次々とオープンしています。
入居する側にしてみれば、選択の幅が大きく広がった、ということになります。
そして、施設選びには、より慎重になることが必要ですね。
「ついのすみか」選びに、何を重視するのか、何を妥協するのか。
選択するためには、いざ必要になるまでに十分な準備をし、
判断材料を用意しておくことがおすすめですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です