長崎グループホーム「ベルハウス東山手」火災。防火扉・スプリンクラー設置不備。

介護福祉ブログコミュニティ

長崎の介護施設で火災、入所者ら女性4人死亡

 8日午後7時40分頃、長崎市東山手町の認知症グループホーム「ベルハウス東山手」(鉄筋4階建て、延べ約530平方メートル)の2階部分から出火し、一部が焼けた。長崎県警大浦署によると、70歳代から100歳以上の入所者10人全員(男性2人、女性8人)と、当直職員ら2人が病院に搬送された。入所者のうち、女性4人の死亡が確認された。午後9時49分に鎮火した。
 大浦署は、死亡した4人のうち2人は、2階で暮らしていた安達キサノさんと3階の中島千代子さんと発表した。2階で3人が死亡し、3階で1人死亡した。
 長崎市福祉総務課によると、ベルハウス東山手を運営しているのは長崎市の介護サービス会社「アイ・エル・エス」(桝屋幸子代表取締役)。施設は認知症グループホームと呼ばれる認知症対応型共同生活介護事業所で、介護保険法に基づき、市が2006年4月、グループホームに指定した。

思い起こせば2006年1月にグループホームでの火災があり、
5人の焼死者、2人の一酸化炭素中毒死者を出した事件があったのが
同じ長崎でした。
その事件を契機に、スプリンクラーの設置義務化を望む声が増えていきましたが、
火災警報機の設置こそ進んだものの、
スプリンクラーの設置は義務化されず、いまだに全国でも半数以上のグループホームは
スプリンクラーが設置されていないといいます。
こういった火災が繰り返されていても、
議論が起こってはすぐに風化してしまう。
利用者の生命を守るために、悲劇をこれ以上繰り返さないように、
今回の事件からも目をそむけてはいけません。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です