96歳夫が寝たきりの91歳妻を殺害。

介護福祉ブログコミュニティ

老老介護疲れか 妻殺害疑い96歳夫逮捕

奈良県大和郡山市の住宅で、96歳の夫が91歳の妻の首を絞めるなどして殺害したとして、殺人の疑いで逮捕されました。
警察によりますと夫婦は2人暮らしで夫は寝たきりの妻を介護していたということで、調べに対し「介護に疲れ、一緒に死のうと思った」と供述しているということです。
逮捕されたのは、大和郡山市の住宅で91歳の妻と2人暮らしをしていた96歳の夫です。
警察の調べによりますと、夫は8日夜遅く、自宅で寝ていた妻の首を両手で絞めたうえ包丁で切りつけるなどして殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。
妻は2年ほど前から寝たきりの状態で、夫が介護しながら1日3回の訪問介護を受けていたということです。
8日夜7時ごろ、介護士が自宅を訪れたとき変わった様子はありませんでしたが、9日9時すぎに再び訪れると妻がベッドの上に倒れ、意識がなかったということです。
警察の調べに対し夫は「妻の介護に疲れていた。高齢の私が先に死ぬと妻が困るので、一緒に死のう思った」と容疑を認めているということです。
夫は首に刃物で切ったような軽いけがをしているということで、警察は詳しい動機やいきさつを調べることにしています。

96歳と91歳、連れ添った二人のお別れを、
こんな形でしか迎えられなかった社会。
夫はおそらく首を絞めたのでしょうが、96歳の力では命を絶つことができずに、
刃物で切り付けるよりほかなかったのでしょう。
別の記事ではこのように書いてあります。

近所の住民によると、作次容疑者はハギノさんを「老人ホームではなく、自宅で介護したい」と話し、食事を食べさせるなどの世話をしていたという。

自宅での生活を望んだということですが、
本当にそれが可能だったのか、
もしくは経済的な事情などで難しく、消極的な選択肢としての自宅での生活だったのか。
ケアマネや地域包括は虐待などの可能性を把握していたのか。
寝たきりの妻を2年間、96歳の夫の介護力に期待しなければならなないという状況が
どれだけ過酷なものか。
年齢で介護力を一概に評価することはできませんが、96歳です。
これに至るまでに、想像を絶する過程があったのかもしれません。
今後、様々な情報がわかってくると思いますが、
本当に悲しい事件です。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です