デイサービス送迎車内に置き去り8時間。なぜ防げなかったのか。

介護福祉ブログコミュニティ

介護施設の車内、81歳死亡 8時間放置、熱中症

 二十四日午後五時ごろ、千葉県木更津市羽鳥野の介護施設「めぐみの家」敷地内にある屋外の駐車場に止めてあったワゴン車内で、同市貝渕一、無職宇田川美知子さん(81)が死亡しているのを介護施設職員が発見し、木更津署に届けた。同署は、炎天下で室温が上がった車内で熱中症で死亡したとみている。
 木更津署によると、宇田川さんはデイサービスの利用者。施設から委託された男性(70)が運転したワゴン車で自宅に迎えに来てもらい、午前九時十五分ごろ施設に到着。ほかに四人の利用者が同乗していたが、宇田川さんだけが降車しないでいるのに気付かず、約八時間、置き去りとなったらしい。宇田川さんは三列シートの一番後ろの座席に座っていた。同署は、業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。
 夕方になって、利用者を帰宅させるために、職員がワゴン車を見に行き、宇田川さんに気付いた。
 宇田川さんは体が不自由で、人の手を借りて乗り降りしていたという。
 銚子気象台によると、この日の木更津の最高気温は三四・六度だった。

車内に8時間も放置。常識的に考えられません。
仮に到着後バタバタしていて、降車したことの確認ができなかったとしても、
デイサービス内で利用者の到着を確認しなかったのか、
連絡帳だの私物だのチェックするときに確認しなかったのか、
バイタルチェックのときに何も気がつかなかったのか、
食事を配膳するときに何も気がつかなかったのか。
発見は結局帰りの送迎時で、
それまでまったく探そうともしていなかったのでしょうか。
デイサービス側にも言い分があるのかもしれませんが、
あってはいけない事件ですね。