度の過ぎた悪ふざけ。宇都宮シルバーホームで職員による入所者の虐待。

介護福祉ブログコミュニティ

宇都宮・職員5人たたく、顔に落書き…

 宇都宮市平出町の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」で、20~30代の5人の職員が、認知症の入所者4人に虐待とみられる行為をしていたことが16日、分かった。宇都宮市は「事実関係を調査した上で、法に触れると確認されれば指導したい」としている。
 施設を運営する医療法人北斗会によると、虐待とみられる行為があったのは2008年から09年末にかけて。男性准看護師(依願退職)が90代女性を車いすからベッドに移動させる際、必要以上に高く持ち上げて下ろしたり、80代男性の後頭部を平手でたたいたりしたという。
 また、女性介護福祉士は、上半身裸で四つんばいになっている80代男性の姿を撮影し、同僚に見せたほか、他の3人の介護福祉士は自分たちの顔に落書きをした後で、80代女性のほおにも落書きし、撮影していた。
 今年2月に利用者の処遇について職員からヒアリング調査をして4件の虐待とみられる行為が判明。同法人は退職した准看護師を除く4人の介護福祉士を訓戒処分とした。落書きされた女性の家族には事実関係を報告し謝罪したが、ほかの3人はすでに施設を退所しており、連絡は取っていない。
 高齢者虐待防止法では、虐待があった際、自治体に通報することを義務付けているが、同法人は虐待とみられる行為を把握しながら通報しなかった。同法人の小林孝久高齢福祉部長は「これらの行為は精神的な虐待にあたると思うが、直接けがはなく、悪意を持って行ったことではないので、通報はしなかった」と説明。さらに「利用者に精神的負担をかけ、申し訳ない。2度とないように職員への指導を徹底したい」と話している。

おそらく虐待と見られる行為を行ったとされる当人たちは、
ノリでやった程度の認識だったのだろうと思います。
きっと、虐待という意識ではなく、対象の利用者には
ある種の愛着に似た感情もあったのかもしれません。
もちろん、それが正しい行為であったわけはないと思いますが、
そこを認識していなければ、介護の業務を行う上で専門職とはいえないのではないでしょうか。
おそらくそういうことでもやって見せ合うのであれば、
その職員同士は仲もいいのでしょうけれど、
仕事を行う上での連帯感や一体感とはまたそれは別の問題ですし、
個人の問題というよりも、職場環境にも問題があるのかもしれないですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です