介護リンピック?介護専門職が技能を競うオールジャパンケアコンテスト開催!

介護福祉ブログコミュニティ

介護有資格者が技能を競う全国大会の出場者募集

NPO法人なごみの里は、4月5日、厚生労働省記者クラブにおいて、介護従事者たちが分野ごとの技能を競う全国大会「オールジャパンケアコンテスト (AJCC)」を11月に島根県で開催すると発表した。
こうした大会は業界でも初めてのこと。大会を開催することで、介護に従事する人たちが、お互い刺激し合い、介護力を高めていくことを目指している。さらに、介護を必要とする人たちによりよい介護を提供する社会を目指すこと、福祉社会を支える各部門のスペシャリストを育成し、介護の素晴らしさを広めることといった大きな目標も掲げている。
開催日は11月10日(予選)、 11日(本選)の両日、同法人の地元、島根県出雲体育館において。対象は役職に就いていない介護有資格者で、認知症・食事・入浴・排泄・ターミナルケアの 5分野別に優秀者を選考し、優秀者には表彰状とメダルを授与。選考方法は「筆記」「ディスカッション」「実技」で、分野ごとに3人の専門家が審査する。また、試供や体験ができる介護用品のブースも併設する。
大会参加者は先着200人までで、参加費は5,000円。一般入場料は各日500円(高校生以下無料)。後援は島根県や日本医師会など。
開催に向けて、各部門の詳細や審査方法などについて、協力してもらえる福祉関係者や、詳しい情報を知りたいか場合はメールにて担当の菅谷まで問い合わせほしいという。
なごみの里はAJCCを毎年開催する方針で、2回目の大会を鳥取県で行う予定だとしている。

う~ん、
一般的に、正解はないといわれる介護分野において、
その優劣を競う全国大会、どんな出題をするのかがとても興味あります。
見てみたいですけれど、島根か・・・。
誰かYOUTUBEにでもアップしてくれないかなぁ・・・。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です