グループホーム高齢者見守りカメラとプライバシー。

介護福祉ブログコミュニティ

認知症グループホームに「見守り」カメラ 製品化中止

認知症グループホームの中にカメラを設置すれば、介護職員が離れた場所からも入居者の見守りが可能となり、ゆとりを持って介護ができる。こんなねらいから、石川県内の大学の研究者らでつくるグループが文部科学省の研究費で開発を進めていた「見守り支援システム」に対し、グループホームの全国組織が「プライバシーの侵害」と反対。研究グループが製品化を中止したことがわかった。
 この研究は、北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市)と石川県工業試験場の研究者らの研究グループが05年度から約1千万円の研究費を使って進めてきた。
 グループホームでは、介護職員が、外に出て徘徊(はいかい)する可能性のある入居者に注意を払っていると、他の入居者の見守りや炊事作業などに専念できないという問題がある。
 そこで、石川県内の3グループホームの入居者や家族の了解を得て、玄関や廊下にカメラを設置し、台所などにモニターテレビを置いて、職員が入居者の動きを画面で確認できるようにした。
 職員への聞き取りでは「夜間、入居者が自室とトイレの間を行き来できるか確認するため、物音がするたびに様子を見に行くなどしていたが、モニターテレビで確認できるようになった」など、評価する意見が多かったという。
 研究グループは最終年度の今年度に製品化(価格約150万円)を目指していた。
 しかし、全国のグループホームの約4分の1が加盟するNPO法人・全国認知症グループホーム協会(東京都、木川田典彌代表理事)が「利用者からすれば監視以外の何ものでもない。徘徊による事故の防止には必要最低限のセンサーの設置で不十分か否かを議論する必要がある」と実用化に反対する立場を明確にした。近く文科省と石川県にもその考えを伝える。

家庭用の認知症高齢者を対象にした監視カメラは実際に市販されています。
グループホームでそれを使うことははたしてプライバシーの侵害に該当するのかどうか。
もちろん、ご家族の許可などは必要になるのでしょうけれど、
その設置場所などでも大きく意味合いは変わってきそうですね。
居室に設置すればプライバシーの侵害という要素も強くなるでしょうし、
共同のリビングや玄関となればまた意味合いも違ってくるように思います。
ただ、家庭では導入しているところも多く、それはプライバシーの侵害に当たるのかといったら、
そこはなかなか踏み込めないところでもあります。
高齢者だけではなく、子供の部屋に監視カメラを設置している親もいたりするようで。
安易に監視カメラを導入することには反対ではありますが、
それ以前に、介護職員として守るべきプライバシーの基準はどこにあるのかという部分にも
目を向けていかなければいけないですね。

介護福祉ブログコミュニティ

2 件のコメント

  • 記事読ませていただきました。
    現在私は「見守り・緊急通報」と二つの機能がついた製品を開発した会社に勤めています。センサーで人の動きを感知して即座にメールでお知らせするというものです。もし、徘徊等で部屋からいなくなっても一定時間センサーが働かなければ「確認してください」というメールが送られてきます。プライバシーの観点から考えても、介護士さん側から考えても精神的負担は軽減できる装置なのでは!
    と思いコメントをしてみました。
    この会社は群馬県にあります。
    興味がありましたらご連絡ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です