ロシアの介護施設の火災で63人が死亡。対岸の火事?

【ロシア】介護施設で火災、63人死亡

ロシア南西部クラスノダール地方の老人ホームで20日未明に火災が発生、33人が救出されたものの、女性看護師1人を含む63人が死亡した。
エイスク(Eisk)近郊にある介護施設で午前1時10分ごろ(現地時間)、火の手が上がった。建物内には約100人がいたとみられ、多くが就寝中だった。
原因は現在のところ分っていない。最寄りの消防署まで50キロと遠く、出火から1時間以上たって消防車が到着したことも被害を大きくしている。

施設内に100人近くいた人のうちの63人が死亡。
おそらく、女性看護師1名以外はすべて入居者の方だと思われますが、
夜間だったこともあり、職員の手も薄いわけで、
災害弱者である入所者のほとんどが犠牲になったという形になります。
これは、対岸の火事、ではなく、日本の介護施設にこういった事態がおこっても不思議ではありません。
スプリンクラーなどの設備で被害は食い止められるかもしれませんが、
消防署が遠い=市街地と離れている、夜勤時に職員の数が少ない、といった条件は
日本の介護施設となんら変わりありません。
まだまだ空気も乾燥する季節です、防災意識の高さが求められますね。

ABOUTこの記事をかいた人

介護福祉ウェブ制作ウェルコネクトの代表。ウェブ制作を通して介護が社会に開かれることを目指しています。 ウェブサイト制作やリニューアルについてのご相談もお待ちしています。