ダイバージョナル・セラピーとは何か。

ダイバージョナル・セラピーという言葉を聞いたことがありますか?
「気晴らし療法」と訳されるセラピーですが、
レクリエーションを通して「楽しさ」や「精神的な満足」を提供するためのものです。
もともとはオーストラリアの作業療法士によるセラピーが出発点だったのですが、
それを体系化したのがダイバージョナル・セラピーとなります。
この日本にも、日本ダイバージョナル・セラピー協会というものがあるようです。
どの施設でも当然のようにレクリエーションプログラムが立てられているのにもかかわらず、
そのほとんどが経験や惰性、思いつきによるもので、
学問的な根拠もなく、評価すらままならないというのが現状です。
自己満足や惰性に陥らないよう、
いま行っているレクリエーションプログラムを見直してみてはいかがでしょうか。

全人ケアの実践―ダイバージョナルセラピーのすすめ
日本ダイバージョナルセラピー協会 渡辺 嘉久 芹沢 隆子
朱鷺書房
売り上げランキング: 140464

ダイバージョナル・セラピストとは:セカンドライフえっと介護福祉ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です