介護タクシーに女性ドライバーが求められる理由。

介護福祉ブログコミュニティ

女性運転手の採用に本腰 介護タクシーで注目

 お年寄りの通院の手助けなどをする介護タクシーの普及に伴い、女性のタクシー運転手が注目されている。「タクシーを乗り降りする時、男性の運転手に体を触られるのは嫌だ」と感じる女性のお年寄り客のため、女性運転手の採用に本腰を入れるタクシー会社も各地で出てきた。
 「女性の運転手を2割にまで増やしたい」と目標を掲げるのは、名古屋市中村区のタクシー会社「つばめグループあんしんネット21」の天野清美社長(59)。
 全国乗用自動車連合会によると、日本のタクシー運転手は約38万人で、うち女性はわずか約8000人。男性が98%を占める職種だ。ところが、あんしんネット21は、運転手約240人のうち15%にあたる37人が女性。介護ヘルパーから転職した人や兼業主婦もおり、3年前に比べて20人以上増えた。
 会社側も、昼間だけの勤務ローテーションやおしゃれな青いブラウスの制服をつくるなど女性運転手が働きやすい環境づくりに努めている。入社後にヘルパー2級の資格を取ることもできる。

男性だと気配りに欠けるというのが、偏見かどうかはわかりませんが、
介護タクシーを利用する方が増えることによって、
女性を指名するというケースも多くなってくるかもしれないですね。
この業者に関しては訪問介護事業など介護分野での参入にも積極的なので、
こういった視点が生まれたのかもしれませんし、
またそれを支える人的資源にも恵まれている面があるのかもしれませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です