コムスン介護トラブル。ヘルパーの質を問う。

コムスン

コムスン介護の男児死亡、提訴も検討

 親戚に抱かれ、楽しそうに川遊びをする男の子。この3ヶ月後、男の子は死亡しました。
死亡したのは、千葉市若葉区に住む秀嶋建夫さんの長男、健太ちゃん(3)。先天性の心臓病を患い寝たきり状態だったため、おととしの8月からコムスンの介護サービスを受けていました。
「心臓のことなどをすべて話して、『みれます』ということだったので、安心してお願いした」(父・秀嶋建夫さん)
おととし11月、秀嶋さん夫妻は25歳の介護ヘルパーの男性に預け外出、母親が2時間後に帰宅すると、健太ちゃんはぐったりした状態で男性ヘルパーに抱かれていました。健太ちゃんは、すでに息をしていなかったといいます。
「『なんで救急車呼ばなかったの』と。何の連絡もなかったし、救急車も呼んでいなかったので、何でだろうと」(父・秀嶋建夫さん)
死因の心臓発作を引き起こしたきっかけとみられているのは、ミルクが気管に入ったことか、泣き過ぎによる酸素不足。ヘルパーは「テレビに見入っていて、健太ちゃんの異変に気付かなかった」と謝罪したということです。
「早い段階で救急車を呼んできちんとした処置をしていれば、助かった可能性はあると言われた。本当に悲しい。せっかく、これからだと家族で頑張っていたのに」(父・秀嶋建夫さん)
秀嶋さん夫妻は、コムスンに当時の状況を詳しく説明するよう求めていますが、今のところ正式な回答はないということです。
「事実だとすれば、たいへん申し訳ない」(グッドウィル・グループ 折口雅博 会長)
秀嶋さん夫妻は、コムスンを相手取り、損害賠償を求めて提訴することも検討しているということです。

便乗するというのも変ですが、これからこういったトラブルが次々と表面化してくるでしょうね。
この事件もおととしの11月のものですから。
しかし、このヘルパー。
テレビを見ていて気づかなかった、って、ひどいにも程がありますね。
ヘルパーやってて、テレビに見入れる余裕のある仕事なんてなかった巡回屋(オムツ交換屋)としては、
まったく理解できませんが・・・。
コムスンのヘルパーがみなこうであるわけはないのですが、
こういった報道が先行することによって、コムスンの介護サービスの質に対しても厳しい視線が注がれます。
いまこうしている間にもケアを行っているヘルパーたちとっては、過酷なプレッシャーだと思います。。。

コムスン

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です