介護福祉士国家試験、受験料大幅アップ!?本当に介護人材を増やしていくつもりはあるのか?

介護福祉士国家試験受験料値上げへ

介護福祉士国家試験の受験料の話です。

毎年1月に開催される介護福祉士国家試験ですが、その受験料が今回大幅に引き上げられます。

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験について、厚生労働省は今年度から受験手数料を引き上げる方針だ。上げ幅は最大6530円。

厚労省は引き上げの実現に向けて政省令を改正する。そのパブリックコメントの手続きを23日から開始した。意見募集期間は7月22日まで。

政省令の改正案をみると、介護福祉士の国試は3080円増。社会福祉士の国試が最大3930円増、精神保健福祉士の国試が最大6530円増となっている。

厚労省は引き上げの理由に新型コロナウイルスの影響をあげた。感染拡大を防ぐ観点から試験会場の増設、スタッフの増員などが必要となり、結果として経費が膨らんだという。コロナ禍でコスト増はやむを得ないものの、関係者からは受験を考えていた人がやめたり先送りしたりする動きが生じると懸念する声も出ている。

介護のニュースサイトJOINTより

介護福祉士国家試験に関しては3080円の値上げです。

精神保健福祉士に関しては6530円も上がるようです。

本当に今の状況を理解しているのか?

介護人材の確保は本当に大きな問題です。

介護福祉士の受験者数も大幅に減っています。2016年度以降は受験者数が10万人を超えることはなく、前回試験も受験者数は84,483名でした。

危機感がないんでしょうか、この国は。

2017年度の介護福祉士国家試験でも2,000円値上げをしたばかりです。

なんと、この5年間で介護福祉士国家試験は5,000円も値上げしていることになります。

特定処遇改善加算を拡充したところで、(本来の)対象となる勤続10年のベテラン介護福祉士なんてどこにいるの?っていうレベルです。

新型コロナウイルス対策で受験料を3000円も上げる根拠は?

そもそも、介護福祉士国家試験でコロナ対策をするといっても、受験料が3000円も上がりますかね?

介護報酬にコロナ対策のための上乗せ加算が設定されていますが、どれだけの上乗せか皆さん知っていますか?

令和3年4月から9月までは新型コロナウイルス対応のため、上乗せされる単位数はわずか0.1%ですよ

新型コロナ臨時特例

しかも、この特例も9月末までですよ、介護福祉士国家試験は来年1月じゃないですか。

介護福祉士の受験料も0.1%増でいいじゃないですか。
15,300円の0.1%なので、15円値上げっていう話でいいじゃないですか。

会場を確保しなけりゃいけないならオンラインでやったっていいじゃないですか。資格試験や大学入試をオンラインでできるところも増えています。

実技試験を受ける人はもうごく少数なのですから、オンラインに切り替えたらどうなんでしょう。

パブリックコメントで意見を募集しています

この件については、パブリックコメントで意見を募集しています。

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495210104&Mode=0

ぜひみなさんの意見を国に届けましょう。

介護の人材不足を招いているのが誰なのかをはっきりさせようじゃありませんか。