介護職員がグループホームで入所者に首を絞められる。

グループホームで入浴介助中の職員が利用者に首を絞められる

新年あけましておめでとうございます。

2019年、最初にお届けする記事ですが、非常にショッキングなニュースがありましたので、ご紹介します。

グループホームで介護職員が利用者に首を絞められる

グループホームで介護職員が入浴介助中に利用者から首を絞められるという事件がありました。

職員は病院に搬送されたものの軽傷だったということです。

入浴介護中に…グループホームで入所者の83歳女が女性職員の首絞める 殺人未遂容疑で逮捕

 愛知県あま市のグループホームで、2日午後、入所していた83歳の女が女性職員の首をしめ、ケガをさせたとして殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県あま市の無職・水谷一枝容疑者(83)です。

 水谷容疑者は2日午後3時10分頃、あま市七宝町の「グループホームきららあま七宝町」で、入浴中に介護をしていた女性職員(22)が着ていたパーカーのひもを引っ張り首を絞めた、殺人未遂の疑いが持たれています。

 女性職員は駆けつけた救急隊員によって、病院に運ばれましたが、首を擦る軽傷です。

 警察の調べに対し、水谷容疑者は「そうだね、体調が悪かった」などと話していますが、容疑の認否については不明だということです。

 警察は犯行の動機や経緯などを詳しく調べています。

yahoo!ニュースより転載

介助をしていた職員としては、介助をしていたはずの利用者から首を絞められるとは思ってもいなかったでしょうし、受けた傷以上に精神的なショックも大きいでしょう

パーカーを着ていたことが悪かったのか?犯人捜しの意味

今回の事件に関して、ツイッターなどでも様々な意見が出ていますので、紹介したいと思います。

確実に言えることは、警察が介入をして、加害者と被害者とになっているということです。

紐付きのパーカーを着ているのがいけないとかいう人もいたり、声かけなど丁寧なケアができていなかったんじゃないかとかいう人もいたり。

状況を見てもいないのにも関わらず被害者側を批判する声も多く見られます。

警察が入っているので、今後その状況などの続報なども出てくると思います。

加害者に警察が取り調べしているようですが、きっと取り調べでは何も出てこないような気もしますけれど。

利用者からの暴力に、介護職員はどう向き合うべきか

介護のプロだから自分の身は自分で守る。チームで守る。

介護のプロだから、何があったとしても利用者に抵抗はしてはいけない・・・これは誤解です。

介護のプロだから自分の身は守らなければいけないのです。

そして、ひとりで難しい状況であればチームで守らなければいけないし、それでもできなければ地域で守らなければいけません

地域包括や行政の力を必要とする場面だって出てくるでしょう。

介護職員の自己犠牲ばかりを求める風潮や教育にも問題はあると思います。

利用者に対する虐待に対しては細かいガイドラインや連絡体制も定められていますが、利用者による暴力に対しても具体的なアクションが必要になるのではないでしょうか。

利用者による暴力はこれまでもあった

利用者が職員に対して暴力をふるう事件は、昨年も何度もありました。

きっとこれまでもあったでしょう。

利用者から攻撃されることを自分の未熟さと感じることもないですし、別に恥に感じることもありません。

もちろん、利用者がそういった行動に出る背景が何か存在しているのであれば、それを取り除くことを目指していかなければいけません。

便秘ひとつとってみても、それで不穏になり攻撃的になる場合もあります。

入浴では自分が身に着けている洋服を他人に脱がされる、見た覚えのない浴室でお風呂に入るなど、利用者が不安を感じる要素は少なくありません。

介護職員のやさしい声かけがあれば、利用者は攻撃的にならないなんて主張される医師もいるようですが、そんなことはありません。

全国にはたくさんの介護職・看護職が利用者からの暴力や暴言に悩まされています。

自分のやさしさが足りないから、利用者からの攻撃を受けると、自分自身を責める方向に矢印を向けてしまいませんか?決してそんなことはありませんよ。

自分たちだけで解決が難しい問題であれば、医療で解決できる問題なのか、家族との関係で解決できる問題なのか。

全国で働いている介護職員の中にも同じように利用者からの暴力で悩んでいる方も多いはずです。

まずは職場内で相談し、チームや地域で解決の道を探っていきましょう。

グループホームで入浴介助中の職員が利用者に首を絞められる

2 件のコメント

  • 通報は珍しいけど
    利用者様に殺されかける(首締め)
    よくある 言葉をかける前に
    利用者様の中で何かしらある
    記憶を突然思い出したり
    で近くの職員を殴る、蹴る、首締める
    よくある、よくある、で、本人
    「この人に殴られた」と言う
    で、家族から苦情がくる
    防御すればいいじゃん!
    いやいや、相手はリミッター(こころの枷)外れてるよ
    問答無用で殺しにくるし普段より強い力出すし
    さらにこちらが全力で防御して、怪我してん
    家族から苦情や行政から忠告がプレゼント
    これには 元自衛官も3日で逃げ出す
    そして、周りには理解されないと
    よくある話だよ(俺は諦めてる)
    あと、襟なし紐なしでもよくあるよ?
    首締め

    • コメントありがとうございます。
      元自衛官でも逃げ出すって、確かに利用者を「敵」として接しようとはしないですからね。
      それまでの関係性など関係なく、突然のように自分に牙をむくことがあるのは恐怖ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です