伊丹市の高齢者住宅で介護士がベッドに放火。二つの事件の共通点。

介護福祉ブログコミュニティ

高齢者のベッドに火 容疑の介護士逮捕「ストレスがたまっていた」

 兵庫県警伊丹署は14日、勤務する高齢者住宅施設の入居者の女性(95)のベッドに火を付けたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで介護士井ノ上由稀容疑者(20)を逮捕した。女性は別室におり、けがはなかった。
 伊丹署によると、「しんどい仕事ばかりまわってきて、ストレスがたまっていた」という趣旨の供述をし、容疑を認めている。女性には恨みはなかったという。
 逮捕容疑は2月24日午後6時5分ごろ、伊丹市東野1丁目の介護付き高齢者住宅で、1人部屋の女性のベッドにライターで火を付けた疑い。布団は燃えたが、建物には火は移らなかった。

先日も、広島の「ホスピス・ナーシングホーム クリーム」という施設で
介護福祉士が入居者のベッドに放火・殺害を行ったことがニュースとなりました。
どちらも介護付きの高齢者住宅で、
若い女性の介護職員が起こした事件で、
やはり職場内でのストレスがきっかけであったという供述もあり、
非常に内容が似通っています。
大きく違うことは、利用者は別室におり、布団が燃える程度で済んだことから、
直接利用者に危害が加わらなかったという点ですが、
建物に火が回ればどうなるかは想像ができるはずなので、
殺意があったことを否定することはできないでしょう。
ただ、これも若い介護職員が現場で置かれている実態としてあります。
職場内の人間関係のストレスなどによる離職が多く、
介護職の賃金や社会的評価が改善したとしても、
おそらく根本的な解決はないのでしょう。


おそらくこの女性のものと思われるfacebookアカウントもあるようで、
仕事上でのストレスと思われる発言もいくつか見られています。
こういった行動に出ることが許されるものではありませんが、
蓄積されていたものがあったのではないかと思われます。

介護福祉ブログコミュニティ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です