有料老人ホームSアミーユ川崎幸町連続殺人事件。今井隼人容疑者が容疑を認める。

介護福祉ブログコミュニティ

元職員、3人殺害認める供述 川崎老人ホーム転落死

 川崎市の老人ホームで高齢者3人が相次いで転落死した事件で、このうち男性1人を殺害したとして、神奈川県警に殺人容疑で逮捕された元職員で無職の今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=が、転落死した3人について殺害を認める供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。

 今井容疑者は3人が死亡した日にいずれも当直で勤務しており、県警は慎重に裏付け捜査を進める。

 捜査1課によると、今井容疑者は2014年11月3日午後11時ごろから翌4日午前1時50分ごろまでの間に、川崎市幸区幸町2丁目の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、入所者の男性(当時87)を4階ベランダから投げ落とし、殺害した疑いがある。男性は胸を強く打ち、内蔵破裂で死亡した。今井容疑者はこの日の当直勤務で、転落死の第一発見者だった。

 川崎市などによると、施設では14年11月に男性が転落した以外にも、12月上旬には女性(当時86)が4階から、同月下旬には女性(当時96)が6階からそれぞれ転落していた。3人の転落した場所はいずれも施設南西側の裏庭だった。

Sアミーユ川崎幸町の利用者が相次いで三人転落死した事件について、逮捕されていた今井隼人容疑者がその容疑を認める供述をしているとのことです。
第一発見者になることで注目されたかった、ということで、以前にもこんな事件があったことを覚えているでしょうか。

「褒められたかった」特養フラワーヒルでの虐待、信じられない動機。

これも同じような犯行動機だったのかもしれません。
もちろん、これから犯人からの供述が得られることで事件が解明していくのでしょうが、
あまりにショックの大きな事件でした。

ただ、それで終わりではなく、
この施設での虐待に複数名の職員が関与をしていたことが明らかになっています。

このような、利用者の人格を無視した空気が施設の中で一部でも生まれることで、
虐待がエスカレートしていくことも肝に銘じなければいけません。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です