レストヴィラ赤塚で入浴中の放置1時間半。溺死について虚偽説明。

介護福祉ブログコミュニティ

介護施設で74歳女性水死=職員離れた間、業過致死で捜査-警視庁

 東京都板橋区の介護付き有料老人ホーム「レストヴィラ赤塚」で昨年2月、入所者の女性=当時(74)=が入浴の際におぼれて死亡していたことが12日、警視庁高島平署への取材で分かった。同署は付き添いの職員が約1時間半離れていた間におぼれた疑いがあるとみて、業務上過失致死容疑で捜査している。

どうやら解除の職員は1時間半も離れ、確認も全く行っていなかったということです。
別の記事を見ると、詳しくその状況が書かれています。

 ワタミによると、施設側は当初、遺族に「10分間、目を離した間に心肺停止になった」とし、水死とは説明していなかった。その後、浴室外の防犯カメラの映像を確認し、入浴中の約1時間半、付き添い職員は、一度も女性の様子を確認していなかったことが分かった。

家族に虚偽の説明をしていたことになります。
誠実さのかけらもありません。
10分間目を離していた状況と1時間半とでは、溺死であれば飲んでいる水分の量などでも
当然明らかになるものです。
その対応の様子を見ていると、企業としての在り方そのものにも問題があるようにも思えます。