特養「なのはな苑」で、入居者による殺害。施設の責任は?

介護福祉ブログコミュニティ

岡崎の特養施設 93歳女性暴行受け死亡

 17日午前6時45分ごろ、愛知県岡崎市福岡町、社会福祉法人明翠会の特別養護老人ホーム「なのはな苑(えん)」の3階の部屋で、入所者の臼井とみさん(93)が頭から血を流して倒れているのを男性職員(29)が見つけ110番した。駆けつけた岡崎署員が、傷害の疑いで同室の無職の男(77)を現行犯逮捕。臼井さんは頭を陥没骨折しており、搬送先の病院で午前9時5分ごろに死亡した。
 同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べるとともに、施設側の管理に問題がなかったか職員から事情を聴いている。逮捕容疑では、男は臼井さんの頭や顔などに暴行を加え、傷を負わせたとされるが、重度の認知症で容疑の認否も答えられない状態という。
 同署や施設によると、現場の部屋は約23平方メートルで、男と臼井さんを含めいずれも認知症のある男女6人が布団を敷いて寝ていた。職員が午前5時半に部屋を巡回した時には異常はなかったが、午前6時45分ごろに再び部屋に入ると、血を流した臼井さんの頭を男がゆすっていた。壁にも血が飛び散るような状況だったという。
 施設によると、男は昨年8月から短期入所を繰り返し、今回は14~17日までの3泊4日でショートステイ用の個室を利用する予定だった。しかし夜間徘徊(はいかい)があったため、事件当日は職員の目の届きやすい6人部屋で就寝させることにした。これまでに、人に危害を加えるようなことはなかったという。事件当時は夜勤体制で、入所者94人に対し職員5人が勤務していた。
 明翠会の太田進造理事長は「臼井さんのご家族に哀悼の意を表すとともに、関係の皆さまにおわびします。今後二度とこのような事態が生じないよう細心の注意を払い、再発防止に最善を期す所存です」とコメントした。

入所者同士のトラブル、特に今回起こったような入所者とショートの利用者との間でのトラブルというのは珍しいことではありません。
しかし、それが殺人という形で現れるというのは予想し得なかったのではないでしょうか。
さて、ここで考えなくてはいけないのが、施設側に落ち度があったのかどうかということです。
ニュースに掲載されている写真を確認すると、部屋は6人部屋で.
何も仕切るものがなく、プライバシーについての配慮があるとは思えず、
入居者の私物らしきものの陰も見当たらない。
入所施設というよりも、まるで合宿所のように見える。
で、加害者となった男性は個室を利用するはずだった。
それが、徘徊を理由に6人部屋に押し込められる形になった。
ここに、家族やケアマネへの報告や相談があったのかどうか。
6人部屋にすることで不穏などが見られることが予見できたのかどうか。
今後いろいろとわかってくる部分もあるかと思いますが、
世間では高専賃だの無届ホームだのと質が問題にされていますが、
特養もまだまだこういうところあるんですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です