特養あかいの郷、虐待と使途不明金で業務停止・法人解散へ。

介護福祉ブログコミュニティ

虐待:特養ホーム「あかいの郷」で入所者を 千葉市が改善措置命令 /千葉

  千葉市中央区赤井町の特別養護老人ホーム「あかいの郷」で、入所者が職員に虐待されていたとして、千葉市は25日、施設を運営する社会福祉法人・徳和会(小川藤子理事長)に、社会福祉法に基づき改善措置命令を出した。
 内部告発を受け、市が昨年5月以降、監査や立ち入り調査で行政指導を繰り返してきたが、その後も職員が入所者に命令口調で話すなど、改善が見られなかったという。
 6月25日までに改善措置を講じ報告するよう求めている。命令に従わない場合、業務停止や法人解散を命じる方針。千葉市が社会福祉法に基づき改善を命じるのは初めて。

虐待うんぬん以前の問題ですね。
個人の資質によるものというよりも、職員の教育や管理という部分で
まったくできていないのかもしれませんね。
ぬるま湯と批判を浴びることの多い社会福祉法人。
こういったニュースを聞くと、やはり意識の低さというものを感じてしまいます。
社会福祉法人でも経営や運営に問題のある法人に対しては厳しく指導し、
淘汰されていく社会になっていくことも必要ですよね。

追記:現在も施設の運営は継続

理事長は変わっているようですが、現在も同一法人による施設運営が行われているようです。

ブログも運営しているようで、開かれた施設を目指している様子が見られます。

施設の空き状況や待機者数なども公開していますね。

利用者に対する対応などはわかりませんが、改善できるところは改善し、利用者に寄り添ったケアができるといいですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 理事長と言っても名ばかりで、実権は息子の小川医師との事。昔から色々な場所で複数医師の仕事を掛け持ちし、金銭にはとてもケチな方との事。行き先々の職場でコピー等も使い自分では、お金を使わない人と、職場に一緒に勤務した事のある友人が、新聞の記事を読んで聞いてみたら、教えてくれました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です