失敗しない派遣ナースの選び方。

介護福祉ブログコミュニティ

日経メディカルオンラインに、こんな記事が掲載されていました。

人材紹介・派遣会社を通じて看護職員を雇いたい 失敗しない業者の選び方は?

この記事の中では、以下のようなチェックポイントがあげられています。

・登録料を求める会社は避ける。
・大量の候補者リストを提示したり、登録料や情報提供料を事前に要求する会社の利用は避けるべき。
・自院が求める人材の条件を詳細に聞いてくれる会社を選ぶ。できれば院長自らが業者を訪問して、職員の応対などをチェックしたい。

看護スタッフの人材難から、ナースの派遣会社は軒並み大きく成長しています。
看護メインの職場だけでなく、
介護施設や訪問入浴などで派遣のナースさんを依頼している事業所さんも多いと思います。
健康管理などといった看護業務のデリケートさや、
高い派遣料が発生するということから、派遣社員に求められる役割も少なくありません。
だからこそ、派遣する側とされる側のマッチングが非常に重要ですよね。
介護の分野でも人材派遣の会社が数多く立ち上がっています。
決められた介護報酬の中で派遣スタッフを使うことで、
在宅などでは働けば働くほど赤字になっていくケースもあり、
介護という現場での派遣スタッフというものが定着するのは時間がかかるかもしれませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です