第二のぶるーくろす癒海館を生まないために。

介護福祉ブログコミュニティ

浦安ホーム虐待:無届け施設を全調査へ 千葉県方針

 千葉県浦安市の無届け有料老人ホーム「ぶるーくろす癒海館(ゆかいかん)」の入所者虐待疑惑を受け、千葉県は26日、市町村を通じて無届け有料老人ホームの実態調査に乗り出すとともに、県内すべての入所系施設を対象に身体拘束・虐待に関する大規模アンケート調査をする方針を決めた。実態調査では民生委員や介護サービス事業者ら「民間の目」を初めて取り入れ、官民合同で実態解明を進める。週内にも調査に着手する。
 無届け施設は介護保険を利用しないケースもあり、行政の把握には限界があった。このため、地域に詳しい民生委員らの協力を得る。福祉の範ちゅうに入らない老人アパート的な施設や、若年障害者らも入る混合型施設を念頭に、「有料老人ホーム類似施設」の洗い出しを市町村に指示する。
 有料老人ホームは、昨年4月の老人福祉法改正で高齢者が1人いれば対象になることになった。しかし制度改正を知らない施設関係者も多く、調査を通じて周知も図る。
 身体拘束・虐待に関するアンケート調査は、県内の全入所系施設が対象。高齢者施設約450、障害者施設約120のほか児童相談所なども対象とし、「いかなる施設でも虐待は許さない」との姿勢を打ち出す。
 県はこれらの調査結果を詳細に検討し、条例制定など虐待防止に向けた独自策作りにつなげる考えだ。

行政のチェックが行き届いていない無届施設がクローズアップされていますが、
かといって、届け出てある施設には虐待や身体拘束はないのかといえば、
残念ながらそういうわけでもないのが現状です。
言い換えると、届出の有無にかかわらず、果たして行政のチェック自体が機能しているのか。
これは高齢者の入所施設だけに限りません。
虐待や身体拘束を撤廃するには、行政が年に一回チェックしに来るだけでは足りません。
家族・ボランティア・そして職員が施設とサービスのあり方をしっかり見つめなおす環境を作っていかなければ、
また、第二第三のぶるーくろす癒海館が生まれることは間違いないのです。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です