シニア・高齢者に引退はない。

介護福祉ブログコミュニティ

70歳の8割働く社会に 厚労相、高齢者を活用

 川崎二郎厚生労働相は28日午後、長野市内で講演し、減少傾向にある労働力人口確保のため「70歳の80%の人が働こうという社会をつくりたい。それが日本の一つの活力だ」と述べ、数値目標を掲げて高齢者の労働力活用を推進する方針を示した。川崎氏は「(高齢者は)若者に比べ使いやすいし、経験もある」と高齢者雇用へのニーズが今後高まると強調した。
 労働力人口は1998年の6790万人から少子高齢化の進行で減少傾向にあり、財界には外国人労働者の受け入れを求める声がある。これに対し、川崎氏は「フランスやドイツの失敗を見ると、なかなかそういう訳にはいかない」と否定的な見解を表明。

若者が職を得ることができず、雇用対策も効果を見せないまま、
高齢者雇用を推進する、矛盾しているんだかなんだか。
マクドナルドでは定年を廃止したなんてニュースが大々的に取り上げられ、
いずれサラリーマンの定年が撤廃されるなんて、
「定年後の楽しみ」を生きがいにする若者の希望を奪わないで欲しいものですが。。。
それに関連して、こんなニュースも。
高齢者視野に、コンビニ業界の取り組み

半年前、神戸市にオープンしたこの100円コンビニ。実は業界の常識を覆す、ある取り組みを進めています。10人の従業員の平均年齢は62歳。この店は、あえて「高齢者による高齢者のためのコンビニ」という特徴を前面に押し出しています。

若者世代のイメージが強いコンビニですが、
独居高齢者や高齢者世帯にとっては非常に便利な存在で、
実際、高齢の利用者層がかなり大きくなってきているのが現状です。
女性のためのコンビニ、などがオープンしているのであれば、
高齢者のためのコンビニがあっても何の不思議もありませんよね。

追記(2018.4.27)

今やケアローソンの時代。
ますます高齢者にとってなくてはならないものになりますね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 定年撤廃に高齢者向けのコンビニですかあo(^-^)o
    高齢者向けのコンビニに関しては
    介護の世界でもそのうち、高齢者による高齢者の為のヘルパーステーションとかデイサービスとか出来るかも知れないですねo(^-^)o

  • 高齢者向けのコンビニには、
    当然介護用品も充実しているでしょうし、
    地域密着であることからも在宅介護とは
    結びつきやすいでしょうね。
    コンビニで配食サービスやっているところとかもあるし。
    シニアがつくるデイサービスってなると、
    デイサービスって言うよりも寄り合いですよね。
    そんな環境のほうがのんびりできるという方も多いかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です