奥州市社会福祉協議会のホームヘルパーによる窃盗。

介護福祉ブログコミュニティ

ホームヘルパーが介護者から1千万円超盗む

 岩手・奥州市で、訪問介護にあたる女性ホームヘルパーが介護を担当していた高齢者の貯金から1000万円以上の現金を勝手に引き出し着服していたことがわかった。
 奥州市社会福祉協議会によると、被害に遭ったのは週3回の訪問介護を受けていた高齢の女性。この女性の介護を担当していた50歳代の女性ホームヘルパーが、郵便局の定額貯金証書などを無断で解約し、10回以上にわたって現金を引き出していたとみられており、これまでに把握されている被害金額は約1100万円に上る。
 女性ホームヘルパーは着服を認めており、現金はローンの返済や生活費などに充てていた。

こういう場合、利用者さんのことを「介護者」とは言わない気がするんですけど。。。どうなんでしょう。
ということで、またヘルパーによる不祥事の事件です。
別の記事を見ると、こんな情報も。

女性ヘルパーは職員の担当の割り振りも行なう主任の立場で、信頼も厚かったということです。

金額の問題よりも、こんな事件を起こすヘルパーが主任という立場にあることに驚きです。
サービスの大きな柱でもあるべき主任で、
提供するサービスにも責任を持たなければいけない立場の人間が、こういった行動を行うというのは許せませんね。
信頼がもっとも大きな要素であるはずの介護職です。
人間性は最低限の適性です。
どんなに人手が足りなくても、
それを満たしていない、または不安がある人を採用してはいけませんよね。


もちろん、かく言う自分も清廉潔白な人間でもありませんが・・・。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です